看護師が人間関係で悩みやすいのは何故

看護師を退職する理由として結婚や出産、仕事の厳しさや家族の介護などを挙げる人は多いですが、人間関係を理由に退職する人も多いです。
対人関係の悩みは看護の仕事に限らず、どんな職場でも起こりうるものです。
ただ、看護の現場で対人関係の悩みが生まれやすい理由もあります。
1つめは女性が多い職場であることです。
女性が多いと仲良しグループや派閥が生まれやすく、グループや派閥に属していないと孤立しやすい傾向にあります。
派閥同士の仲が悪かったり、派閥内で陰湿なイジメが生まれたりと気を使う職場も多いです。
2つめがストレスの溜まりやすい仕事であることです。
看護の仕事では1つのミスで患者の命を危機に晒す危険性もあります。その責任の重さからストレスを感じる人も少なくありません。
ミスを防ぐために上司から新人への指導も厳しくなりがちなので、新人は上司や先輩に対する苦手意識を持ちやすくなります。
3つめは人間関係の幅が広いことです。
普通の会社なら上司や同僚、部下が対人関係の中心になりますが、看護師はこれに加えて患者やその家族との関係が加わります。
大きい病院なら診療科目も増えるので、多くの医師やスタッフとコミュニケーションを取る必要があります。
このように幅広い人間関係が生まれるので、その分悩みも生まれやすいのです。
ただ、看護師として働く以上は、どこの職場を選んでも対人関係からは逃れられません。
すぐに転職・退職を考えるのではなく、自分の態度や仕事への姿勢に問題はないか振り返ることも大切です。